2010年06月03日

最も安いと思う魚は「サンマ」、では最も高いと思う魚は?(Business Media 誠)

 海洋国日本にとって、なじみ深い食材である魚。どのように食べている人が多いのだろうか。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 マルハニチロホールディングスの調査によると、16歳〜34歳で、小学生以下の子どもがおり、自分が主に食事を用意する女性に「魚が食卓に上がる回数」を尋ねたところ、最も多かったのは「週1〜2回程度」で41.6%。以下、「週3〜4回程度」が34.7%、「2週間に1日程度」が9.3%、「毎日」が5.5%、「週5〜6日程度」が5.3%で続いた。

 「週3日以上」の割合は45.5%と半数近くを占めており、年代が下になるほど高くなっていた(30〜34歳41.7%、25〜29歳46.4%、16〜24歳49.9%)。地域別に見ると、「北海道・東北」(51.3%)の人がよく食べており、「中国・四国・九州」(39.0%)では比較的食卓に上がらない傾向にあるようだ。

 消費者がオトクと感じているのはどの魚なのだろうか。「週3回以上魚が食卓に上がる」と答えた人に「魚を購入する際の金額に対する意識」を主要な魚ごとに聞くと、「安い(安い+やや安い)」の割合が最も高かったのは「サンマ」で73.3%。以下、「サケ」が65.6%、「アジ」が51.5%、「サバ」が51.4%、「イワシ」が45.7%で続いた。一方、最も「安い」の割合が低かったのは「マグロ」(10.1%)だった。

 魚を食べる時、どんな効用を期待しているのだろうか。「魚から摂取したいと思う成分」を聞くと、トップは「DHA(ドコサヘキサエン酸)」で81.6%。以下、「カルシウム」(60.2%)、「コラーゲン」(36.4%)、「鉄」(36.3%)、「EPA(エイコサペンタエン酸)」(25.4%)、「亜鉛」(17.2%)、「ビタミンB群」(16.2%)が続いた。

 地域別に見ると、中国・四国・九州では「DHA」の割合が86.5%と高く、近畿では「カルシウム」が71.0%と高かった。

 インターネットによる調査で、対象は16歳〜34歳で、小学生以下の子どもがおり、自分が主に食事を用意する女性3462人。調査期間は4月30日から5月12日。【堀内彰宏】

【関連記事】
よく食べる料理と魚を食べる頻度の関係
男性が好きな魚と女性が好きな魚
痩せたい一心で築地市場に向かう

<普天間移設>鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)
ゆかりの神社やプラネタリウムに「山崎さん効果」(読売新聞)
iPad効果で紙の本も売れる?注目は電子書籍(読売新聞)
「尖閣に日本の領土問題はない」 岡田外相が強調(産経新聞)
ツイッターのビジネス活用ガイドライン「Twitter 101 for Business」
posted by エノモト キヨカズ at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

<離婚式>結婚指輪をハンマーでたたきつぶし “最後の共同作業”が盛況(毎日新聞)

 離婚を決めた男女が結婚指輪をハンマーでたたきつぶして「最後の共同作業」をする「離婚式」が話題を呼んでいる。厚生労働省の人口動態統計によると、1年間の離婚件数は25万1136件(08年)で、約2分に1組が別れる時代。奇妙にも見える式の背景には、別れを新たなスタートにつなげたいという切実な思いもあるようだ。【山田奈緒】

 東京都内を中心に離婚式を企画しているのは、千葉県浦安市の元派遣会社社員、寺井広樹さん(29)。昨年4月、大学時代の先輩が離婚する際に「始まりを披露する結婚式はあるのに、なぜ終わりは何もないのか」という疑問を感じ、初めて離婚式を企画した。これが評判を呼び、離婚式プランナーに転身。これまで約20件の離婚式をプロデュースした。

 今年3月から離婚式ツアーも始め、問い合わせは約500件に上る。ツアーは東京・浅草を舞台に、再出発の象徴として、人力車に2人別々に乗る演出などがある。式の司会進行も寺井さんが1人で行い、予約待ちの状態が続いている。

 式は、別れる理由の説明▽「旧郎旧婦」あいさつ▽友人代表あいさつ−−と結婚式さながらに進む。最後は2人で結婚指輪をハンマーでたたきつぶす。服装は自由で、旧婦は和装で旧郎は普段着だったり、さまざまだ。

 あいさつに拍手していいのか招待客が戸惑うこともあるが、当事者の2人が互いに結婚生活への感謝の言葉を述べ、温かい雰囲気になることもある。式後に、離婚を思いとどまったケースもあった。

 「結婚式より感動した」「すっきりけじめがついた」と式の評判は上々。寺井さんは「ふっきれたような旧郎旧婦の笑顔を見るとうれしくなる。前向きな旅立ちを後押ししたい」と話している。

 山田昌弘・中央大学教授(家族社会学)は「3組に1組が離婚する時代。離婚のハードルは下がり、タブーではなくなった。離婚式というものが受け入れられているのも自然な流れではないだろうか」と話している。

【関連ニュース】
ローマでおしゃべり:シングル女性編/2 結婚生活、見限る母親たち
質問なるほドリ:離婚したら親権ってどうなるの?=回答・反橋希美
親子が別れる時:離婚を考える/1 「会いたい」父悲痛
親子が別れる時:離婚を考える/2 「会わせたくない」事情
親子が別れる時:離婚を考える/3 養育費が面会に影響

野良猫訴訟、加藤九段が控訴意向「給餌続けたい」(読売新聞)
「宮崎牛」種牛49頭、口蹄疫疑いで殺処分へ(読売新聞)
<小沢幹事長>早ければ一両日中にも事情聴取か 東京地検(毎日新聞)
元妻の連れ子との婚姻届受理、戸籍上は「夫婦」(読売新聞)
<三社祭>「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)
posted by エノモト キヨカズ at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

<脱税>東京の不動産会社など 容疑で告発…東京国税局(毎日新聞)

 不動産売買の仲介などによる所得計約5億円を隠し、計約1億7000万円を脱税したとして、東京国税局が東京都港区の不動産会社「都市建設」と山口仁社長(49)を法人税法違反容疑で、横浜市の不動産コンサルタント会社の崔吉明社長(45)を所得税法違反容疑で東京地検に告発したことが分かった。

 関係者によると、都市建設は08年6月期までの3年間に、都内のビルの売買仲介や立ち退き工作の成功報酬などで得た約3億円を隠し、法人税約1億円を免れた疑い。崔社長は08年までの3年間、都市建設側の立ち退き工作に協力した報酬などで得た約2億円を申告せず、所得税約7000万円を免れた疑い。

 都市建設は「告発を重く受け止め反省している」、崔社長は「脱税したことは申し訳ない」としている。【加藤隆寛】

【関連ニュース】
FIS脱税:被告、額で一部争う姿勢 名古屋地裁で初公判
東レ:子会社取引で申告漏れ指摘される 異議申し立てへ
脱税指南:八木被告「認識ない」 初公判で否認
キヤノン工事脱税:大光前社長の腹心 被告に実刑判決
キヤノン工事脱税:大光など3社に罰金2億5000万円

普天間移設、迷走の末の「現行計画回帰」?(読売新聞)
妻の節約術、夫は疑問視? =スーパーの「はしご」、やめて−ネット調査(時事通信)
参院比例に桂きん枝氏=民主(時事通信)
【十字路】極わせハウスミカン初出荷(産経新聞)
中国艦隊が反転、東シナ海に向け北上…帰港か(読売新聞)
posted by エノモト キヨカズ at 09:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。