2010年04月08日

民族の血、先祖捨てる心理に 在日の“帰化タブー”(産経新聞)

 【在日 外国人参政権を考える】(3)

 大阪市内で障害者支援などに取り組むコリアボランティア協会の代表代理で在日コリアン2世の鄭炳熏(チョン・ビョンフン)さん(58)には忘れられない光景がある。協会スタッフらと韓国旅行を計画し、準備を進めていた10年ほど前のことだ。

 参加者にパスポートを持ってくるように伝えても、なかなか持ってこない在日青年がいた。何度も催促すると期限間際になってようやく持参し、もじもじしながら上着のポケットから取り出したのは日本のパスポートだった。

 「日本人やったんか」

 驚く鄭さんを前に青年はうつむき、正座をしたまま声を上げて泣いた。両親の帰化で日本国籍になったという。

 「韓国人の誇りや民族意識の強い青年だっただけに、みんなを裏切ったような意識が強かったのだろう」。鄭さんは振り返る。

   × × ×

 永住外国人への地方参政権付与をめぐり、「日本に帰化すれば済む」との反対論は強い。しかし近年、在日社会では帰化が進む一方で、1、2世を中心に戦後65年を経てもなお“帰化タブー”が根強く存在する。

 鄭さんもそんな感情を共有する1人だ。

 現在87歳になる父は昭和18年に「いい仕事がある」との誘いを受けて行き先を告げられないまま渡航、終戦まで北海道の炭坑で過酷な労働を経験した。粗末な食事、相次ぐ事故で仲間の死を目にし、左手の指2本を失った父は「炭坑から2度脱走を図り、いずれも捕らえられて罰として切断された」と話したという。

 鄭さんは「両親の苦労を知る2世の世代までは、気軽に帰化の話題を口にできない雰囲気がある。1世が日本にいい感情があるわけないから。中には『帰化しないの』と聞くだけで傷つく人もいる」とし、参政権についてこう話した。

 「周囲で議論になったことがない。なくても困らないし、個人的にはいらない。ただ、在日社会全体でいえばもらう権利はある」

   × × ×

 日韓の歴史や文化をテーマに評論活動を行う韓国出身の呉善花(オソンファ)拓殖大教授は、帰化タブーを民族特有の感情とも指摘した。

 呉教授によると、米国やカナダなどに移民として渡った韓国人はその国の国籍を熱心にとる。多民族国家では民族感情を維持できるからだ。ところが日本では抑止力が働くという。

 「日本と朝鮮半島は世界でもまれな“単一民族国家”。国家と民族の区別ができない。特に韓国人は全部血がつながる親戚(しんせき)のような感覚もある。日本国籍を取るということは、民族の血や先祖をすべて捨てるような心理になってしまう」

 呉教授自身、日本に帰化した際、韓国に住む家族から「縁が切れてしまったようだ」と嘆かれた。

 「今はもう慣れて言われなくなった。タブーは極めて感情、情緒的で、親に申し訳ないという気持ちも同じ。そうした理由で国籍を変えない人にまで、国家がエネルギーを消耗して参政権を与えるのはおかしい。政治的な権利がほしい人には帰化を勧めればいい」

 【用語解説】在日1世

 昭和20年の敗戦までに朝鮮半島から日本に渡航し、戦後も日本に残留したコリアン。在日本大韓民国青年会が全国の1世を対象に昭和57〜58年に実施したアンケート(1106人回答)によると、日本に来た理由は経済的理由が39.6%と最も多く、続いて結婚・親族と同居が17.3%。戦後、本国に帰国しなかった理由は「生活のめどが立たなかった」との回答が6割を占めた。

【関連記事】
強制連行「神話」根強く 潜在意識にある負い目
外国人参政権 「反対」が「賛成」を逆転
外国人参政権 枝野行政刷新相「傍論でも最高裁の見解」
無償化除外は「差別」か「妥当」か 国会議員ら朝鮮学校視察
「外国人参政権判決は金科玉条ではない」園部元判事の証言要旨

<名張毒ぶどう酒事件>84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)
北九州の鉄工会社社長、資材置き場で殺される(読売新聞)
参院選2人擁立 鳩山首相「小沢幹事長の方針」(産経新聞)
外国人参政権付与 知事会で反対続出(産経新聞)
長妻厚労相、審議会に陳謝=派遣法案修正で抗議受け(時事通信)
posted by エノモト キヨカズ at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

訪日観光促進で新フレーズ=茶道の千玄室氏を親善大使に−観光庁(時事通信)

 前原誠司国土交通相は6日の閣議後記者会見で、訪日外国人観光客誘致に向けた新しいキャッチフレーズとロゴを発表した。新フレーズは「Japan.Endless Discovery.」で、「尽きることのない感動に出会える国、日本」と趣旨を説明。新ロゴは日本の国花、桜をあしらったデザインとした。
 前原国交相は「日本の観光の良さを知ってもらう道具として定着させ、広めていきたい」と強調。また、観光親善大使を新設し、茶道裏千家の千玄室氏を任命したことも明らかにした。 

【関連ニュース】
【OFF TIME】長崎・壱岐の旅 絢爛刺繍と海の王都
【OFF TIME】福岡・筑後の旅 九州新幹線・福岡の新駅周辺を訪ねて
【OFF TIME】岩手の旅 遠野の民話 豊潤なる三陸
【OFF TIME】生産日本一の青森で リンゴの香りに包まれる
【OFF TIME】島根県安来市で喫茶の世界に浸る

不明の常岡さん、アフガン北部で監禁か(読売新聞)
大型トラック正面衝突、双方の運転手死亡(読売新聞)
<メッセンジャー>暴行事件で謹慎中の黒田、4日に舞台復帰(毎日新聞)
郵政改革案「亀井氏案で進める」=預入限度額は2000万円軸−鳩山首相表明(時事通信)
日中戦争めぐり首相「やられた方は覚えている」 (産経新聞)
posted by エノモト キヨカズ at 00:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は29日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市の移設問題をめぐり、3月中に政府案をまとめると言及していた鳩山由紀夫首相が「今月中じゃなきゃならないとは、別に法的に決まっているわけでない」と発言したことについて、「イロハのイも言葉の重さをわきまえておらず、『(それでも)政治家ですか』といわざるをえない。(首相を)お辞めになった方がいいのでないか」と批判した。

【関連記事】
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談 米側は海兵隊の重要性を強調
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」
大丈夫? 鳩山首相「新たなスタート」直後のバカンス
「ヘリ部隊2カ所程度に分散を」普天間移設で防衛相

【法廷から】親らしい姿、最後までなく 2歳長男虐待死(産経新聞)
雑記帳 手すき和紙のウエディングドレス 秋田・横手(毎日新聞)
【葬送】川上隆久氏(産経新聞)
財政と国民生活「両立が課題」と首相=連合会長、現実的な参院選公約を(時事通信)
プラグを抜かずにムダな待機電力をカットする「こまめにスイッチ」新発売
posted by エノモト キヨカズ at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。