2010年04月29日

<脱税>東京の不動産会社など 容疑で告発…東京国税局(毎日新聞)

 不動産売買の仲介などによる所得計約5億円を隠し、計約1億7000万円を脱税したとして、東京国税局が東京都港区の不動産会社「都市建設」と山口仁社長(49)を法人税法違反容疑で、横浜市の不動産コンサルタント会社の崔吉明社長(45)を所得税法違反容疑で東京地検に告発したことが分かった。

 関係者によると、都市建設は08年6月期までの3年間に、都内のビルの売買仲介や立ち退き工作の成功報酬などで得た約3億円を隠し、法人税約1億円を免れた疑い。崔社長は08年までの3年間、都市建設側の立ち退き工作に協力した報酬などで得た約2億円を申告せず、所得税約7000万円を免れた疑い。

 都市建設は「告発を重く受け止め反省している」、崔社長は「脱税したことは申し訳ない」としている。【加藤隆寛】

【関連ニュース】
FIS脱税:被告、額で一部争う姿勢 名古屋地裁で初公判
東レ:子会社取引で申告漏れ指摘される 異議申し立てへ
脱税指南:八木被告「認識ない」 初公判で否認
キヤノン工事脱税:大光前社長の腹心 被告に実刑判決
キヤノン工事脱税:大光など3社に罰金2億5000万円

普天間移設、迷走の末の「現行計画回帰」?(読売新聞)
妻の節約術、夫は疑問視? =スーパーの「はしご」、やめて−ネット調査(時事通信)
参院比例に桂きん枝氏=民主(時事通信)
【十字路】極わせハウスミカン初出荷(産経新聞)
中国艦隊が反転、東シナ海に向け北上…帰港か(読売新聞)
posted by エノモト キヨカズ at 09:48| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

谷垣氏「普天間返還の先送りだ」 党首討論(産経新聞)

 【党首討論詳報】(3)

 首相「谷垣総裁、私は核セキュリティーサミットの場でも、当然このオバマ大統領との会談の他にも、十分に日本の立場を示してまいりました。特にこのワーキングディナーのまず最初に冒頭に、私の方から演説時間を与えていただきましたことは申し上げておきたいと思います。決して核セキュリティーサミットを軽視しているとか、そのような思いを持っているというわけではありませんから。そのことはご理解いただきたい」

 「今、おたずねがありました。危険性の除去。この普天間の問題はまず、普天間の危険性の除去、安全性の確保というものが一番大事だ、そこからスタートしたと私は理解しております。従いまして、結果としてそれが普天間の返還になれば一番いいに決まっています。そしてそのことを当然求めていくことはいうまでもありません。しかし、まず一番大事なことは、普天間の周辺にお住まいのみなさんの危険性の除去というものを果たすこと。そして、沖縄のみなさま方の負担というものを軽減するということが大事であるということで私は申し上げたところでありまして、それが当然のことながら、結果として、普天間の全面返還につながるように、私としても最大の努力をすることは言うまでもありません」


 谷垣氏「総理、念のために申し上げておきますが、従来なら現行案であれば、2014年に普天間は返還だったんです。今総理のご答弁は、普天間を危険除去ということをおっしゃっただけでしょ。もしそういうことであるならば、われわれの今までの案からすれば大きな後退ですよ。そして、大きな後退であり、単に、先送り、これは大きな後退というだけでじゃなしに、普天間返還の先送りになるんですよ。そのことを申し上げたい」

 

 首相「今まで旧政権の下で何が起きたんですか。もうあとちょっとで、まさに辺野古に決めて普天間が返還できる。そんな状況ではなかったじゃないですか。だからこそ、私どもは新政権になって、新しい発想が必要だと申し上げているわけであります。2014年までに返還できる、あるいはそのことをお望みだったと思います。しかし、現実にあのときに、例えば強行して辺野古に、例えば埋め立てをするというような工事に取りかかれる状況ではまるでなかったじゃありませんか。それが、だからこそ、あと何年先になるかわからないと、私が申し上げたのは、そのことであります」

 「旧政権に任していればあのまま、普天間返還されずに2014年の期間がずるずる先延ばしされていた。まさにそうなったに違いない。それぐらい沖縄のみなさん方が、あの辺野古の海を埋め立てるのは困る。そのような思いを私どもに伝えてくださったから、だからこそ、私どもがあの選挙のときに、おかげさまで沖縄においても勝利をさせていただくことができたわけであります」

 「それは辺野古、あの海を埋めた立ててはならないという沖縄県民の意志だったじゃありませんか。だから私は2014年にこれからもできる限り、新しい移設先を求めていきながら普天間の、危険性の除去というものを行い、そしてその結果として普天間が全面返還されるように最大限努力します。それも2014年までにそれができれば、もっとものぞましいことであることは言うまでもありませんから、その努力はこれからも行ってまいることをお約束いたします」

【関連記事】
普天間移設 辻褄合わせは国益を失う
普天間返還後も国が管理 有事の際に米軍利用可能に
鳩山首相、内閣官房刷新「以心伝心の仲間増やしたい」
普天間はどこへ…名護市長選を注視する宜野湾市民
「日米」強化に米国の忍耐を期待 相互理解が完全に欠如
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

水面に映る150本の桜=長野県須坂市〔地域〕(時事通信)
明石歩道橋事故、過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴(産経新聞)
高速無料化「距離」巡る答弁で衆院国交委紛糾(読売新聞)
鳩山首相元秘書に有罪=禁固2年、猶予3年−偽装献金事件・東京地裁(時事通信)
前原氏の辞意を否定=政府高官(時事通信)
posted by エノモト キヨカズ at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

滑って転倒、7人けが=季節外れの降雪で−東京(時事通信)

 東京都内に降った季節外れの雪の影響で、滑って転倒する人が相次ぎ、7人がけがをしたことが17日、東京消防庁のまとめで分かった。
 同庁によると、同日午前5時50分ごろ、台東区内で自転車に乗っていた女性(66)が滑って転倒し、左腕を骨折。同時刻ごろ、足立区内では新聞を取るため外に出た男性(72)が玄関前で転倒、頭を負傷した。 

【関連ニュース】
雪の影響で48人負傷=転倒し10人骨折
雪の影響で38人負傷=転倒相次ぐ
特急衝突、乗客ら41人けが=ダンプがスリップ、踏切に
日本海側大雪、ほぼ峠越える=山沿いは引き続き注意
日航機が雪で滑走路逸脱=乗客2時間機内に、けが人なし

47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾−刷新会議(時事通信)
<脳脊髄液減少症>保険診療対象の周知徹底、自治体に通知へ(毎日新聞)
<新型スカイライナー>走行試験が本格化 成田と都心結ぶ(毎日新聞)
みんなの党、参院選目標10議席以上(読売新聞)
「トラスト・ミー」首相が自ら招いた対日不信(産経新聞)
posted by エノモト キヨカズ at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。