2010年02月02日

銃弾?入り封筒、首相官邸と小沢氏事務所に郵送(読売新聞)

 東京都千代田区の首相官邸と衆院第1議員会館の小沢一郎・民主党幹事長の事務所に28日、いずれも銃弾とみられる金属弾入りの封筒が郵送されていたことがわかった。

 警視庁が脅迫容疑などで捜査している。

 同庁幹部によると、官邸に届いた封筒は鳩山首相あてで、同日午前、男性事務官が拳銃の実弾のようなものが入っているのを見つけた。消印は都内で、「死ね」などと書かれた紙が同封されていた。

 また、小沢幹事長事務所の関係者も茶封筒に入ったライフル銃の実弾のようなものを見つけた。はがきに「小沢を標的」と切り張りされた活字が確認されたという。

 同庁は、昨年12月25日〜今月26日、世田谷区の小沢幹事長宅などに金属弾が送り付けられた事件との関連を調べている。

小沢氏、沖縄に土地 辺野古から9キロ投機か 17年購入(産経新聞)
「黒い雨」国指定地域外にも…広島市が聞き取り(読売新聞)
<伊達市長選>仁志田昇司氏が再選(毎日新聞)
寛仁親王殿下がご退院 不整脈で転院 宮内庁(産経新聞)
朝青龍関 警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
posted by エノモト キヨカズ at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阿久根市長出廷「免職の元係長、復職は悪影響」(読売新聞)

 市庁舎の職員人件費の張り紙をはがして懲戒免職処分になった鹿児島県阿久根市の元係長の男性(45)が、「処分の効力は停止とされた司法判断後も、給与やボーナスが支給されていない」として、市に支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、鹿児島地裁(牧賢二裁判官)であった。

 市側は竹原信一市長(50)が出廷し「男性の生活を支援することは、市民への裏切り行為になる」とした答弁書を提出。裁判は即日結審し、判決は3月2日に言い渡される。

 訴状などによると、地裁は「処分は市長の裁量権の逸脱乱用に当たる」とする男性の主張通り、処分の効力停止を認め、福岡高裁宮崎支部も地裁の決定を支持した。しかし、市長は復職や給与の支払いを認めず、男性は未払いになっている給与(計約128万円)や12月のボーナス(約52万円)の支給を求めて提訴した。

 市側は答弁書で「原告が復職すれば、公共の福祉に取り返しがつかない重大な悪影響が発生する」と主張。

 閉廷後、男性の代理人を務める小川正弁護士は「法を無視する竹原市長の考えは、阿久根市という独立国を作るようなもの。勝訴判決は間違いない」と話した。

 竹原市長は報道関係者の取材に応じなかった。

<コインパーキング>京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加(毎日新聞)
交通事故 京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが(毎日新聞)
各種学校も無償化 高校授業料 法案審議、線引き焦点(産経新聞)
検討委の結果待つ=仲井真沖縄知事(時事通信)
<秋葉原殺傷>加藤被告、起訴内容認める 東京地裁で初公判(毎日新聞)
posted by エノモト キヨカズ at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。